logo

三菱電機、液晶モニタ「Diamondcrysta WIDE」に倍速と3D対応の2機種を追加

加納恵 (編集部)2012年11月13日 17時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は11月13日、液晶モニタ「Diamondcrysta WIDE」シリーズに、倍速補間機能を備えた「RDT234WX-Z」と、偏光方式の3D再生に対応した「RDT234WX-3D」の2機種を追加したと発表した。11月28日に発売する。

 両機種ともに23型で、IPS方式の液晶を採用。スマートフォンの表示画面を大画面、高画質で再生できる「スマホビュー」機能を備える。

  • 「RDT234WX-Z」

 RDT234WX-Zは、120Hz駆動の液晶パネルと倍速補間機能「倍速クリアピクチャー」により、動画応答速度を高めたモデルだ。毎秒60コマの映像から動きを予測し、新たな映像を作り出すことでホールド時間が短くなり、残像感の少ない滑らかな映像を表示するとしている。加えてスマートフォンの毎秒30コマの映像も「シネマモード」の「なめらか」を選択するこで、4倍の毎秒120コマで表示できる。店頭想定価格は5万5000円前後。

  • 「RDT234WX-3D」

 3DモニタのRDT234WX-3Dは、3D映像時の輝度低下を抑え、クロストークやちらつき感のない3D映像を再生するとのこと。ノーマルタイプとクリップタイプの2種類の3Dメガネを同梱する。店頭想定価格は5万3000円前後。

 いずれもフレーム遅延時間をOSD上で確認できる「フレーム遅延時間表示」を装備。ゲーム機器のクイックな入力操作に対応するスルーモードオン時のフレーム遅延時間は、RDT234WX-Zが0.9フレーム、RDT234WX-3Dが0.1フレームを実現している。

 本体にはHDMI端子2系統、D端子1系統、ミニD-Sub15ピン端子1系統を装備する。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集