オリンパス、「スマートモード」搭載でベストな録音ができるリニアPCMレコーダー

加納恵 (編集部)2012年11月13日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは11月13日、リニアPCMレコーダーの新モデル「Linear PCM Recorder LS-14」を発表した。簡単にベストな録音ができる「スマートモード」などを備える。発売は11月22日。店頭想定価格は2万5000円前後になる。

  • 「Linear PCM Recorder LS-14」

 スマートモードは、マイク感度や録音レベル設定のマニュアル操作が簡単にできるモード。あわせて微妙なレベル合わせができるマニュアルモードも装備している。

 左右90度に配置された2つの高性能指向性ステレオマイクと、低域を増強する無指向性のセンターマイクを搭載した、3マイクシステム「トレスミック」を採用。原音に近いフラットな周波数特性を実現できるとしている。センターマイクはオン、オフの切り替えが可能だ。

 4Gバイトの内蔵メモリとSDカードスロットを装備し、リニアPCMとMP3形式の録音に対応。楽器チューニング用のクロマチックチューナも内蔵する。

 サイズは高さ138.7mm×幅52.5mm×奥行き23.5mmで、重量約170g(電池含む)。単3形乾電池2本で駆動し、アルカリ電池を使用すれば最大約46時間の録音に対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加