「iPad mini」レビュー--機能や使用感、他タブレットとの比較など(後編) - (page 4)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年11月12日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮にiPad miniにRetinaディスプレイと、新しいA6プロセッサがあり、価格がもう少し安ければ、今年のAppleのマストアイテムになっていただろう。それらなしでも、これは十分に相当な魅力のあるデバイスだ。329ドルのiPad miniは、Appleが作っているiOSデバイスの中で、もっとも安いものの1つだ。299ドルを払って、同じプロセッサで、2倍のストレージがあり、シャープだが小さな画面を持つiPod touchを買うよりもよりも、iPad miniを選ぶべきだろうか?iPod touchは小さい。iPad miniは離して使うことも、電子書籍を読むことも、タイプすることもできる。iPod touchでも同じことはできるが、それほど快適ではないはずだ。結局、これは選択の問題になる。iPad miniではすべてのAppleのアプリが使える。そして、雑誌やニュース、図が多い本を読むには向いている。

 私には、iPad miniが誰のためのものかよくわからない。予算を気にする人向けか、子ども向けか、あるいは2台目のiPadが欲しい人向けだろうか。社外で使える、持ち運びしやすいiPadを欲しがる企業はあるだろう。車の中にiPadを据え付けたい人向けか。実は、私はiPad miniが誰のためのものかわかったように思う。iOSがこれほどの広がりを見せている中、別の使い方、別の形のものが欲しいという人がいるはずなのだ。これは単純なことだ。iPad miniは万人向けのものではない、それがポイントだ。「iPod」と「iPod nano」のように、違う人向けの、違うスタイルなのだ。最後にこう言っておきたい。iPad miniを実際に目にすれば、欲しくなるはずだ。ただしそのときには、自分にはiPad miniは必要ないかもしれないと自問自答してみてほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]