logo

さまざまな値を相互に変換できるiPhoneアプリ「変換くん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「変換くん」は、さまざまな値を相互に変換できるアプリだ。センチとインチ、グラムとオンスなど、プリセットされている単位を選ぶだけで値をすばやく変換できるので、あまり身近でない単位であっても、その規模感を直感的に把握できる。

  • ホーム画面。上部に値の入力欄が、下部に単位の選択欄がある。画面遷移はなくこの1画面のみ

 使い方は簡単で、入力欄に値を入れ、現在の単位と変換したい単位を選ぶだけ。例えば入力欄に「100」と入れ、現在の単位を「cm」、変換したい単位を「m」とすれば、100cm=1mなので変換後の値は「1」と表示される。同じ要領で、変換したい単位を「inch」にすれば「39.37007874」という値が表示されるので、100センチ=およそ39インチであることが分かるというわけだ。

 相互変換が行えるのは長さのほか、面積、体積、重さ、圧力、温度、速度の7種類。いずれもかなりマニアックな単位まで用意されているので、このアプリで初めて見るという単位も少なくない。また、面積を表す単位の中には「東京ドーム」「甲子園」という単位もあったりするので、身近な単位で換算できるのも面白い。

 単位そのものはこれ以上増やせないところまで来ているが、個人的な希望としてはbpsなどの通信系カテゴリの追加と、変換された値のコピー機能、四捨五入機能が欲しいと感じる。電卓に並ぶユーティリティとして、インストールしておくとさまざまなシーンで役に立つアプリといえるだろう。

  • 入力欄に「100」と入れ、現在の単位を「cm」、変換したい単位を「m」とすれば、100cm=1mなので変換後の値は「1」と表示される

  • 変換したい単位を「inch」に切り替えれば、100センチをインチに換算した「39.37007874」という値が表示される

  • 面積タブでは、ヘクタールや坪などの相互変換が行える。純和風の単位にも強い

  • 「東京ドーム」や「甲子園」といったユニークな値も用意されている。規模を手軽に把握する際に重宝するだけにもっと増やしてほしいところだ

  • 体積タブ。こちらもリットルやガロンといった単位のほか、合や斗といった日本ならではの単位が多い

  • 重さタブ。オンスやポンドなど、海外では一般的だが国内ではあまり用いられない単位を相互変換できる

  • 圧力タブ。気圧やヘクトパスカルなどの単位が用意されている

  • 温度タブ。ここはもともと種類が少ないこともあり、摂氏、華氏、ケルビンの3つのみ

  • 速度タブ。bpsなどの通信系の単位も欲しいところだ

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集