魚介類消費量、日本は6位--トリップグラフィックス

佐藤和也 (編集部)2012年10月28日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の、旅をテーマにしたインフォグラフィックス専用サイト「トリップグラフィックス」の第46回にて、「世界の魚介類消費量 TOP25」と題し、世界各国の魚介類消費量をまとめている。

 1位はインド洋に浮かぶリゾートエリアとして知られるモルディブ。消費量は、1日1人当たり381グラムで、これは中くらいのサイズのイワシでおよそ5尾弱に相当し、世界平均の51グラムの7倍以上になる。ひとつひとつの島が小さいモルディブの島々では食肉を量産する手立てや流通経路がなく、資源豊富な海に囲まれていることから、必然的にタンパク源は魚になってきたものと分析している。なお日本は155グラムで、世界6位となっている。

キャプション
※クリックすると拡大画像が見られますが、画像を保存してご覧いただくことをおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加