logo

発売直前!「Windows 8」について知っておきたい3つのポイント - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その2「タッチ操作に最適化されたModern UI」--Windows 8の成否のカギを担うのは……

 Windows 8ファミリーを強く特徴付けているのは、ログイン直後からフルスクリーンで展開される新しいユーザーインターフェースの「Modern UI」(旧称「Metro UI」)だ。

 タブレットをはじめとする、タッチスクリーンデバイスに最適化された大きなタイル(いわゆるアイコン)が並ぶこの新しいUIは、Windows 8ストアアプリやデスクトップアプリ(従来のWindowsアプリケーション)を呼び出すためのランチャーとして機能すると同時に、アプリ側が対応していればタイル自体に最新の情報(新着ニュースのヘッドラインやメールの未読数など)を表示するといった、これまでのアイコン以上の機能を持たせることもできる。

非常に特徴的な「Modern UI」。画面右に出ている黒い帯は、Windowsのシステム関連機能を呼び出す「チャーム」と呼ばれるメニュー
非常に特徴的な「Modern UI」。画面右に出ている黒い帯は、Windowsのシステム関連機能を呼び出す「チャーム」と呼ばれるメニュー

 さらにこのModern UIは、ソフトウェアプラットフォームとしての役割も担う。マイクロソフトではこのプラットフォーム上に「Windowsストア」というソフトウェアマーケットを設けることで、その上で動くWindows 8ストアアプリを介した、開発者とユーザーとを巻き込んだ新たなエコシステムの構築を目指している。Appleが「App Store」で、Googleが「Google Play」で行ってきたアプリストアの取り組みを、マイクロソフトも本格的に展開していくことになる。このWindowsストアで流通されるソフトウェアが、質、量ともにどれだけ充実し、ユーザーに受け入れられるかが、Windows 8の成否のカギを担っていると言ってもいい。

Modern UI上で動く「Windowsストアアプリ」は、アプリストアからダウンロードできる。既に日本向けのアプリも多数準備されている
Modern UI上で動く「Windowsストアアプリ」は、アプリストアからダウンロードできる。既に日本向けのアプリも多数準備されている

 ユーザーインターフェースとしてのModern UIは、タッチ操作を主体に考えた場合、近年のスマートフォンやタブレットと比較しても見劣りしない水準のものに仕上がっている。タップによるアクションの実行、スワイプによるスクロール、2本の指を使った拡大・縮小や回転、文字入力のためのソフトキーボードなどといった、タッチデバイスでは、もはやおなじみとなっている多くの操作については、Windowsストアアプリの多くで同じように利用できる。

 さらに画面右端からのスワイプで表れる「チャーム」と呼ばれるブロックでは、検索やメニューへの移動、シャットダウンといったシステム共通の操作が、画面上端もしくは下端からのスワイプで表示される「アプリコマンド」メニューでは、各Windowsストアアプリに独特の操作が行えるようになっており、慣れてしまえば、どのようなアプリでも共通の操作で利用できるようになる。

Modern UI版のInternet Explorer 10上で、画面下端からスワイプ(もしくは右クリック)して開いた「アプリコマンド」の例。上には他に開いているタブの一覧が。下部にはURLなどが表示されている
Modern UI版のInternet Explorer 10上で、画面下端からスワイプ(もしくは右クリック)して開いた「アプリコマンド」の例。上には他に開いているタブの一覧が。下部にはURLなどが表示されている

従来のWindowsデスクトップスタイルも利用できる

 従来のWindowsデスクトップは、「デスクトップ」と書かれたタイルをタップすることで呼び出せる。また、デスクトップアプリケーションのアイコンをタイルとしてModern UI上に置いておけば、それをタップすることでデスクトップへの移動とアプリの起動を同時に行える。このデスクトップの扱い方は、従来のWindowsとほぼ変わらない。ただ、Windows 8のデスクトップからはWindows 95の時代からおなじみだった「スタートメニュー」がなくなっているのだが、これは「Modern UIのメニュー画面」を、以前のスタートメニューの代わりとすることを意図したデザインなのだろう。

Windows 8の「デスクトップ」。一目見て分かるWindows 7との違いは「スタート」メニューがないことだ
Windows 8の「デスクトップ」。一目見て分かるWindows 7との違いは「スタート」メニューがないことだ

 デスクトップはもちろん、Modern UI上においても、従来のWindowsでの基本的なマウス操作やショートカットキーについては利用できるようになっている。Developer Preview版から使用してきた感想として、若干の慣れは必要なものの、タッチデバイスを持たないモバイルPCやデスクトップPCにおいても、Windows 8の新しいUIはそれほど使いづらいものではないと感じている。

どの画面からでも「Win+X」で呼び出せるクイックアクセスメニュー。いくつかのシステム関連機能にショートカットできる。スタートメニューがなくてもこれがあれば大丈夫?
どの画面からでも「Win+X」で呼び出せるクイックアクセスメニュー。いくつかのシステム関連機能にショートカットできる。スタートメニューがなくてもこれがあれば大丈夫?

 どうしても「違和感に慣れそうにない」というユーザーであれば、ショートカットキー(「Win+D」でデスクトップへ移動、「Win+X」でクイックアクセスメニューを表示……など)を積極的に利用したり、また有志によって開発されているさまざまなフリーのユーティリティソフト(Modern UIをスキップしたり、タスクバーにスタートメニューを復活させたりするものが開発されている)を使う余地も残されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]