Reebokとコラボしたスポーツヘッドホン 「Bose SIE2 sport headphones」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ時ヘッドホンは防滴と耐久性が必要

 昨今のランニングブームなどにより、スポーツをしながら音楽を聴く人たちが増えている。大抵の場合は、デジタルミュージックプレーヤーやスマートフォンを使い、付属のヘッドホンを使って聴いていると思われるが、やはりスポーツをしている時は、スポーツ用のヘッドホンを使いたいところだ。

 スポーツ用のヘッドホンは、激しい運動でも耳にフィットすることで外れにくくなっており、耐久性にも優れている。また汗をかいたり、水しぶきを浴びたり、雨に濡れたりする可能性が高いので、防水までいかなくても防滴機能は必要だ。

エクササイズでも使えるアームバンド付き

 ということで、今回はランニングなどスポーツに最適なヘッドホン「Bose SIE2 sport headphones」を紹介。このヘッドホンは意外や意外、ボーズとしては初のスポーツヘッドホンになる。ヘッドホン自体は「Bose IE2 audio headphones」をベースにしており、スポーツ仕様のため、防滴性能や耐久性を高めている。さらに、デジタルミュージックプレーヤーやスマートフォンが邪魔にならないアームバンドも同梱。アームバンドはスポーツ用品メーカーのReebokとのコラボによるもので、デザインだけでなく、スポーツ用品として、伸縮性や通気性などに優れている。マジックテープでサイズの調節ができる。普段使用していないときは、マジックテープでヘッドホンをまとめる収納しておけるので、コード絡みがなく使いやすい。

  • コード長はアームバンドからの距離に最適な75cm。普段使いする場合は、53cm延長できる延長コードを使おう

  • 特殊な形状のイヤーチップ。耳にしっかりフィットして、外れにくい

  • アームバンドの表面。Reebokのロゴがしっかりと入っている。丸洗いできる素材なのはうれしいところだ

  • アームバンドの裏面。腕の太さに合わせて、マジックテープで調節をする

  • 使わない時は、ヘッドホンをマジックテープで収納する。コードが絡まず、すぐに取り出せる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加