logo

DeNAが無料メッセージサービスに参入--iOSとAndroid向けに「comm」を提供

岩本有平 (編集部)2012年10月23日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月23日、無料メッセージサービス「comm」の提供を開始した。iOSおよびAndroidに対応しており、それぞれApp StoreとGoogle Playでダウンロードできる。日本や欧米、アジアをはじめ世界204の国と地域で提供する。

 commは友人同士で無料通話やメッセージなどのコミュニケーションを楽しめるサービスだ。友人の近況や更新情報を確認できるアクティビティ表示機能、commを利用していない友人へのメール送信機能なども備える。これまでDeNAがモバイル向けのソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」などで培ってきた大規模インフラ環境、技術ノウハウを基に、高品質の通話を実現するという。

 ユーザー登録には、comm独自のアカウントを取得するか、Facebookのアカウントを利用する。NHN Japanが提供する「LINE」や先日ヤフーとの提携を発表した「カカオトーク」などと同様に、任意で電話番号をアップロードすることで、友人を簡単に探すことができるという。

 またDeNAでは実名での利用を前提として設計しているということで、友人を実名で検索して、「友だちリスト」に登録しコミュニケーションを取ることも容易だという。ただし、実際に実名で検索した場合、同姓同名のユーザーであっても一方的に友だちリストに登録できてしまうため、ユーザーのプロフィール画像などを確認する必要がある。

 DeNAが提供するMobageは今や会員数4000万人。だが一方で、同サービスではリーチできなかったユーザー層も存在する。commの提供により、自社サービス群のユーザーベース拡大を目指すとしている。将来的にはMobageやEC事業の「ビッダーズ」などとの連携も予定している。

  • 「comm」のプロフィール画面

  • 「comm」の通話画面

-PR-企画特集