logo

隣の視線から画面をガードする「のぞき見防止アプリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:のぞき見防止アプリ(プライバシービューガード)(Ver.1.0.0.6)
金額:無料(2012年11月10日時点)
カテゴリ:ツール
開発:TACOTY JP adc
使用端末:Xperia acro HD IS12S
おすすめ度:★★★★☆

 「のぞき見防止アプリ(プライバシービューガード)」は、Android端末の画面上に半透明のフィルタを表示することにより、画面を見づらくし、のぞき見をガードできるアプリだ。電車内などでスマホを操作していて隣席の目が気になる場合に手軽に利用できる。

起動直後の設定画面。ここで設定した内容を通知バーから呼び出して起動できる
起動直後の設定画面。ここで設定した内容を通知バーから呼び出して起動できる

 画面上に半透明のフィルタを表示することで、斜め方向から画面を見づらくするアプリは、スマホの画面に直接貼り付けるプライバシーシートと違って必要な時のみオンにできるので、他の人ののぞき見を回避する手段として有効だ。本アプリもそうしたのぞき見防止のためのアプリで、画面の内容をのぞき見られたくないという場合、通知バーから呼び出してすばやくオンにするだけで利用できる。

 本アプリの特徴はオプションが多彩なことだ。フィルタの種類は白黒無地のほか、ダイヤ状、格子状、オリジナルの図柄など6つのパターンが用意されているほか、透明度も自在に選択できる。残念なのは、フィルタの種類に名前が付けられていないので、プレビューしないとどんな柄かわからないことだ。同じ開発元が女性向けバージョンとしてリリースしている「スクリーンのぞき見防止フィルター(プライバシービューガード)」のように、各フィルタに名前をつけてほしいところだ。

 使っていてやや気になったのは、操作中に不意にフィルタが解除されるケースがあること。画面の切替時や、なんらかのアプリの通知時など、きっかけはばらばらで再現性にも乏しいのだが、全体的に機能は豊富かつ無料なだけに、これらが改善されれば、同等アプリを寄せ付けない存在になりそうだ。

  • フィルタは白黒無地のほか6種類が用意されている。独自の画像を読み込む機能はない

  • フィルタ1。ダイヤ状の柄

  • フィルタ2。チェックの柄

  • フィルタ3。ここまでが均一なパターンの柄となる

  • フィルタ4。富士山の図柄が描かれている

  • フィルタ5。唐草模様が描かれている

  • フィルタ6。ドット柄でかなり明滅が激しい

  • 透明度も自在に選択できる

  • オフにした状態(左)とオンにした状態(右)との比較。のぞき見防止にはぴったりだ

>>「のぞき見防止アプリ(プライバシービューガード)」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集