映画「009」と宅麺.com、ソーシャル写真アプリ「ミイル」がコラボ企画を展開

佐藤和也 (編集部)2012年10月16日 18時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フード系ソーシャル写真アプリ「ミイル」が運営するFrogApps、10月27日に公開の映画「009 RE:CYBORG」、宅配サービス「宅麺.com」を運営するグルメイノベーションによるコラボレーションキャンペーンを、10月17日より実施することを発表した。期間は11月14日までを予定。

左から、サイボーグ006・張々湖の声を担当する声優の増岡太郎氏、監督の神山健治氏、ラーメン通として知られる女優の凜華せらさん。
左から、サイボーグ006・張々湖の声を担当する声優の増岡太郎氏、監督の神山健治氏、ラーメン通として知られる女優の凜華せらさん。
共同記者会見では、販売されるラーメンを試食する一幕も。
共同記者会見では、販売されるラーメンを試食する一幕も。

 009 RE:CYBORGに登場するサイボーグのうち、006張々湖が世界的なフランチャイズとして中華大餐館「張々湖」を経営し、009の活動資金を提供していることにちなみ、宅麺.comの声掛けに賛同した9つのラーメン店が、10月17日より001~009をイメージしたオリジナルラーメンをそれぞれ販売するほか、宅麺.comのサイト上にて、009のキャラクター入り特製丼と、006をイメージした光麺のラーメンのセットを販売する。

 また、店舗や宅麺.comで購入し、自宅で調理したオリジナルラーメンの写真をミイルで投稿すると、映画サイン入りグッズなどが当たるキャンペーンもあわせて実施する。投稿写真には、その店舗のイメージとなる001~009のキャラクターなどがスタンプとしてオーバーレイされ、キャンペーンサイトに掲載される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加