1冊のノートを共有できる--ソーシャルジャーナルiPadアプリ「Clibe」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Clibe
価格: 450円(2012年07月19日時点)
おすすめ度:

5.0

  • 開発:Visere LLC
  • カテゴリ:仕事効率化

 Clibeは、1冊のノート(ジャーナル)を公開して共有できる機能を持った、ソーシャルジャーナルアプリだ。ノートを1冊用意して、ページをめくりながら日記を書くような感覚で使える。3種類のペンと写真のインポート機能などにより、絵を描いたり文字を書いたりと、多彩な使い方ができる。作成したノートは、自分だけが見られるプライベートモードのほか、招待した人のみが見られる共有モードと、Clibe会員なら誰でも見られる公開モードで保存できる。

  • ジャーナルの表紙。好みのデザインに変更できるほか、表紙にも絵やテキストなどを配置できる

 使用開始時には、アプリ内から専用のアカウントを取得する必要がある。このアカウント情報を使用して、ウェブブラウザからClibeのウェブサイトにログインし、自分のノートや公開されているノートを見ることも可能だ。最初に、「New Journal」をタップして、新しいノートを作成する。ノートの表紙(Cover)にあたるページから、書き込みができるので、ホーム画面のノート一覧でも一目で何のノートなのかが分かるようにデザインを分けておくと便利だ。

 画面の左側にツールバーがあり、表示/非表示の切り替えが可能だ。画面はポートレイトモード固定でランドスケープにはできない。左下のツールバーにあるツールを使って、書き込む。写真アイコンの下にあるブラシアイコンから3つが描画ツールだ。色と太さを設定できるが、色の種類が少ないのが難点だ。微妙なトーンの色が多いので、今後、使いやすい色をもう少し揃えてくれることを願う。写真は、iPadのカメラ、ライブラリ、Facebook、Instagram、Dropbox、Evernoteからインポートしてノートに配置することができる(ただし、通信にかなり時間がかかるため、W-iFiでの使用をお勧めする)。移動や縮小/拡大も可能だ。

  • ジャーナル一覧。画面左上の自分の名前が書かれたアイコンをタップすると、プロフィールを編集できる

 ノートアプリの楽しみの1つに、着せ替え機能があるが、Clibeもアプリ内から、ジャーナルの表紙と用紙のデザインを購入して増やすことができる。無料のデザインも用意されている。また、Jot TouchというBluetoothの筆圧感知スタイラスに対応しているので、組み合わせて使うことで、表現の幅が広がる。アプリとしてもサービスとしても、まだ荒削りな感じが否めないが、今後の展開が楽しみではある。たとえば、招待した人だけがジャーナルを見られるようにしておいて、職場でアイデアを共有したり、家族で絵日記を楽しんだり、ノートごと共有できる利点を生かせる場は多くありそうだ。

  • 表紙のデザイン、ページの紙のデザイン共に変更可能

  • 描画ツールを選択して、色と太さを選択する。現在選択中のツールのアイコンは黄色になる

  • テキストの配置。色、サイズ、行揃えを設定できる。テキストボックスの右下の矢印をドラッグして、サイズを変更する

  • ページデザインの変更。有料版の中には、旅の記録などテンプレートとして使えるものが揃っている

  • 3種類の描画ツールを使って書いたノート。写真の上にも描くことができる

  • 画面左上、上から2つ目の雲型アイコンをタップすると、ノートの公開範囲を設定できる

>>Clibeのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPadの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加