logo

ドコモ、新通訳サービス--「はなして翻訳」と「うつして翻訳」

松田真理 (マイカ)2012年10月02日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月1日、新たな通訳サービスを発表した。「うつして翻訳」を10月11日から、「はなして翻訳」を11月1日からそれぞれ提供する。

 うつして翻訳は、試験提供中の「料理メニュー翻訳」アプリを商用化したサービス。外国語で書かれた料理メニューにスマートフォンのカメラをかざすと、瞬時に翻訳を画面上に表示する。

 今回、英中韓の3カ国語の料理メニューに加えて、街中の看板も翻訳の対象とした。対応機種は、Android 2.3以上のスマートフォンとタブレット。無料で利用できる。

図1 うつして翻訳のイメージ

 はなして翻訳は、ドコモクラウドのサービスメニューの一つとして提供する。通訳電話サービスの商用提供は、携帯電話事業者として世界初の試みになるという。

 専用アプリをインストールした端末から発信した通話を相手の母国語に通訳するほか、対面での通訳にも対応している。サービス開始時は英中韓の3カ国語に対応し、11月中には独や仏など7カ国語を追加する予定だ。

 はなして翻訳の利用料金や専用アプリのダウンロードは無料。通話料と通信料のみでサービスが利用できる。発信側の対応機種は、Android 2.2以上のスマートフォンとタブレット。着信側は、携帯電話と固定電話などで着信できる。

図2 はなして翻訳のイメージ

-PR-企画特集