ソフトバンク、イー・アクセスを買収へ

怒賀新也 (編集部)2012年10月01日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクが、携帯電話4位のイー・アクセスを買収すると日本経済新聞の電子版が10月1日に報じた。記事によると、ソフトバンクは株式交換による完全子会社を目指しており、株式の取得額は2000億円弱になる模様。ソフトバンクは、イー・アクセスが持つ周波数帯を活用し、スマートフォンの普及による通信量増大に対応する狙いがあるという。

 ソフトバンクは「現在(報道の)内容を確認中であり、追って回答する」とコメントしている。

 報道後、10月1日の午後2時50分現在、ソフトバンク株は前日比3%以上急落したが、引けにかけて戻し、結局終値は前日比1.74%マイナスの3105円となった。一方、イー・アクセスの株価は市場終了間際に急騰。終値は前日比26%上昇し、19000円となった。

 ソフトバンクは同日午後5時から都内のホテルで「緊急記者会見」を開催し、孫正義ソフトバンクグループ代表が出席する予定であることを明らかにした。緊急記者会見の模様をインターネットでライブ中継するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加