logo

[ウェブサービスレビュー]日本語の住所表記を英語表記に変換してくれる「JuDress」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
foka
内容:「JuDress」は、日本語の住所表記を英語表記に変換するサービスだ。海外通販などで住所を英語で表記しなくてはいけない場合、町名や番地などを英語に合った並び順に変更してくれるほか、表記そのものも英語に書き換えてくれるので、英語での表記に自信がないユーザーにぴったりだ。

 「JuDress」は、日本語の住所表記を英語表記に変換するサービスだ。海外通販などで住所を英語で表記しなくてはいけない場合、町名や番地などを英語に合った並び順に変更してくれるほか、表記そのものも英語に書き換えてくれるので、英語での表記に自信がないユーザーにぴったりだ。

 使い方は簡単で、郵便番号検索で都道府県と住所を自動入力したのち、残る番地・建物名を手入力する。入力完了後に「実用的に変換」を押すと、下段に英語表記に変換された住所が表示されるので、あとはコピペして自由に利用できるというわけだ。

 入力した住所は、例えば千代田区であれば「Chiyoda-ku」といった具合に読みがなをベースに変換される。とくに読みがなの入力も必要とせず、漢字を入力しただけできちんと変換してくれるのがよい。

  • 「JuDress」トップページ。サービス名は「住所(Jusho)」と「Address」を合体させたネーミングと思われる。ページ遷移はなくこのトップページのみ

  • 試しに皇居の住所(100-0001、東京都千代田区千代田1番1号)を入力してみる。まず郵便番号を入力して「住所検索」を押す

  • 住所が表示された。つづけて番地・建物名を手入力する

  • 番地・建物名の入力が終わったら下部の「実用的に変換」を押す

  • 英語表記に変換された。並び順が英語表記のルールに則って入れ替わるのはもちろん、千代田区は「Chiyoda-ku」といった具合に読みをベースに変換される

  • 読みがな情報のない建物名なども、それが地名や一般名詞を組み合わせたものであればかなり正確に変換する

 さまざまな住所を試してみたが、建物名の固有名詞などはひっかかることがあるものの、市区町村や番地での誤表記はほとんどみられない。固有名詞についても、例えば○○ビルであれば「○○ Bld.,」といった具合にフォーマットを整えてくれるので、あとから目視での修正も容易だ。実用性はかなり高いといっていいだろう。

 いまのところ欠けているのは、郵便番号入力において、法人が取得している大口事業所個別番号などに対応しないこと。非公開の番号もあるため対応していないこと自体はやむを得ないのだが、本サービスは郵便番号からの検索方法しか用意されていないため、手入力で代替することができない。これらのサポートに加え、電話番号の変換もおまけとして追加してくれれば、さらに使い勝手が向上しそうだ。

  • 会社が独自で取得している大口事業所個別番号には対応していないため、「該当住所がありません」と表示され、それ以上入力できなくなってしまう。もっとも、個人ユースであればこうした問題に行き当たることはないだろう

  • もうひとつの変換方法である「Stylishに変換」は、漢字を一文字ずつ英語に変換するなどして、実用性のないジョーク住所を生成してくれる

-PR-企画特集