logo

[ブックレビュー]タスク管理システム「Toodledo」を使いこなす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シーアンドアール研究所
詳細:単行本(ソフトカバー) / 288ページ / シーアンドアール研究所 / 価格:1575円 / 著者:北真也、佐々木正悟 / 発売日:2012/08/25 / 外形寸法 (H×W×D):18.5cm×13.0cm×2.0cm / 重量:0.3 kg
内容:クラウドベースのタスク管理システム「Toodledo」を解説する本書。「やらなければならないこと」を適切に管理するというToodledoの特性をいかし、今持っているタスクを上手に片付けることができるかもしれない。
Amazon.co.jpアソシエイト

 Toodledo(トゥードゥルドゥー)というタスク管理システムをご存じだろうか。基本的には無料で利用できる高機能なタスク管理システムなのだが、ユーザーインターフェースはすべて英語のため、便利そうだが敷居が高いと思っている人は多い。本書ではToodledoの基本的な使い方が分かるほか、Toodledoを使った効果的なタスク管理についても知識を得られる。

 著者がタスク管理にToodledoを使うことを勧める理由に、Toodledoが、適切なタイミングで、やるべきことを思い出させてくれるという特長がある。もちろんそのためには、Toodledoのさまざまな機能をうまく使う必要がある。どのようなツールでも「慣れ」は必要だが、操作に慣れて目的に合った使い方をすれば、Toodledoは、次に何をやらなくてはならないかを、常に考えていなければならない心と頭の負担を軽くしてくれる。

 本書を読むと、タスク管理におけるToodledoの位置付け、コンテクストに対する考え方、フォルダやタグの作り方などは、人によって全く異なるものだということが分かる。自分に合ったタスク管理ができればOKであり、必ずしも人のやり方がベストとは限らないが、自分のやり方が「しっくりこない」と日ごろから感じていたとすれば、本書が打開策を提案してくれるかもしれない。

-PR-企画特集