logo

NTTデータと米Twitterが提携--日本語ツイートデータ活用しサービス開発へ

藤井涼 (編集部)2012年09月27日 16時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは9月27日、米Twitter社とツイートデータの提供に関するFirehose契約を締結することで合意したと発表した。米Twitter社が提供するAPI「Firehose」を通じて、日本語のツイートデータと、日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータを取得し、顧客企業へ提供していくという。

 NTTデータでは今後、ツイートデータの全量、サンプル、任意のキーワードなどで抽出されたツイートデータを、API経由またはGUIで、リアルタイムに提供するサービスプラットフォームを開発する予定で、12月初旬に提供を開始するとしている。同社では、1年目に20社、3年目までに100社以上のユーザー獲得を目指す。

 新サービスでは、NTTの研究所であるソフトウェアイノベーションセンタとプリファードインフラストラクチャーが共同開発した、大量データのリアルタイム分析を可能とする「Jubatus」を採用し、各ツイートデータに独自の情報種別のタグ付けを行うという。これにより、特定のブランドや商品、出来事などに関連するツイートデータをより広範囲かつ高精度で、抽出・分析できるようになる。

新サービスプラットフォームのイメージ 新サービスプラットフォームのイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 また、SaaS型のマーケティングリサーチ・サービス「なずきのおと」を通じて提供している、ツイートデータの定量/定性の分析データ(好評/不評、感性などに関する統計情報)も、より充実したサービスメニューのもとで提供できるようになるとしている。

 同社では新サービスを、「マーケティング・プロモーションの高度化」や「製品評価・故障監視」「風評監視」「顧客対応力の強化」などの幅広い用途で使うことができるとしており、製造業、小売業、通信・放送、金融、官公庁などの業種・業界で利用されることを想定しているという。

-PR-企画特集