logo

「iPhone 5」のカメラで撮影時に紫色の光--ユーザーが報告

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年09月27日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 紫色の光の輪が、「iPhone 5」の一部の所有者に影響している最新の不具合のようだ。

 技術レビューサイトAnandTechのフォーラムユーザーが述べたところによると、この不具合は、iPhone 5のカメラを太陽や白熱灯などの明るい光源に向けたときの写真で発生するという。その後、カメラを動かして光源が画面に入らないようにしても、紫色の光が現れる現象がカメラを通して見えることがある。この現象は撮影されたどの写真にも現れる。

 ある投稿者は人工光源を入れた写真と画面から太陽を外した写真を個別に表示したが、紫色のもやはすべての写真に現れていた。また、紫色のレンズフレアが映っているビデオも投稿されている。

 多くの不具合がそうであるように、これを経験したユーザーもいれば、していないユーザーもいる。伝えられたところによると、あるユーザーがAppleサポートに連絡したところ、これは広く知られた問題でAppleは現在調査中だと説明されたという。別のユーザーがAppleサポートに問い合わせたところ、この問題について多くの電話があると言われたようだ。

 一部のフォーラムユーザーは、この不具合はiPhone 5のカメラで使われているサファイアクリスタルのレンズカバーが原因かもしれないと疑っている。サファイアは硬い材質で、レンズを傷から保護することができる。しかし、Cult of Macによると、サファイアにはさまざまな色があり、紫色のハロは紫色のサファイアレンズを通過するときの光の屈折によって生じるのかもしれないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集