logo

本音ライフログの「Arrow」、最低1000人から返事のもらえる広告サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Green rompは9月26日、同社が提供する本音ライフログサービス「Arrow」において、最低1000人からコメントが返信されるまで投稿を回し続ける広告機能「1000人Arrow」の課金実装を発表した。価格は1万円。

 Arrowは、知人の多いSNSなどでは書けない本音を匿名で投稿できるサービス。投稿は別のユーザーに対してランダムに送られるため、匿名のユーザー同士で1対1でのやりとりができる。また、返信の難しい投稿に対して、ほかのユーザーに返信を託す「たらい回し(TM)」という機能も備える。

 今回提供する1000人Arrowは、200字以内のテキスト広告を発信して、Arrow内のユーザー最低1000人からコメントが返ってくるまで広告が展開され続ける仕組み。1ユーザーに対して10円以下で、必ずユーザーの目に触れる広告を配信することができるとしている。

 広告の配信には、審査が必要となる。オープンキャンペーンとして、設立3年以内の企業先着17社に限定して、無料でサービスを提供する。

-PR-企画特集