logo

スマホアクセサリ販売前年比89%増--充電器は急伸

加納恵 (編集部)2012年09月24日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfKジャパン)は9月24日、家電量販店におけるスマートフォンアクセサリの販売動向を発表した。数量前年比89%増と好調に推移するなか、充電器の需要が急増している。

  • アクセサリー種類別 販売数量の推移 スマートフォン端末販売との比較

 調査されたのは、2012年4~6月のスマートフォンアクセサリ売り場。多くの販売店でスマートフォンアクセサリ売り場が拡充され、8000種類を超える商品が用意されているとのことだ。

 アクセサリ販売の約半数を占めるスマートフォンケースは、スマートフォンの3倍以上の販売数を記録。なかでもハードケースが人気で数量構成比50%超となっている。続くシリコンが同25%、熱可塑性ポリウレタンが同15%、レザーが同5%になっている。ケースの色ではクリアが構成比を伸ばしている。

 一方、数量前年比327%増と伸長著しいのが充電器だ。要因はウェブブラウジングや動画閲覧によって電池の消耗が早いこと。アクセサリ販売における充電池の数量構成比は2011年4~6月期の8%から2012年4~6月期は19%へと伸長している。特にリチウム電池人気が高く、数量前年比10倍超の販売を記録した。

-PR-企画特集