logo

「モンスターハンター4」は2013年3月発売--ネットでのマルチプレイ対応も

佐藤和也 (編集部)2012年09月21日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは9月20日、東京ゲームショウ2012自社ブースステージにて、ニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4」のステージイベントを行った。

辻本良三氏(左)と、藤岡要氏
辻本良三氏(左)と、藤岡要氏(右)

 モンスターハンター4は人気のハンティングアクション「モンスターハンター」シリーズの最新作。東京ゲームショウ2012では初のプレイアブル出展を行っていることもあり、注目を集めている。そしてステージでは本作のプロデューサーを務めるカプコンの辻本良三氏と、ディレクターを務める藤岡要氏が登壇。本作の新要素などを説明した。

 まずは東京ゲームショウ2012で公開されたプロモーションビデオを上映。新モンスターや、新武器である「操虫棍」などが映し出された。映像の新モンスターは「ゴア・マガラ」という名称で、「詳しくはいえませんが重要なモンスターなので覚えてほしい」(辻本氏)と、本作のキーになるモンスターであることを示唆。

 狩りに連れて行けるオトモアイルーについても、2匹のアイルーが繰り出す合体技「ネコ式火竜車」も紹介された。ハンターの拠点となるバルバレについては、固定の集落ではなく、いろんなキャラバンが集めって集落を形成しているバザールのようなものと説明があった。

  • ゴア・マガラ

  • ネコ式火竜車

  • バルバレ

 操作面に関して、基本的には従来のシリーズ作品と基本は同じとなっている。そして本作の特徴として、地形に高低差があるフィールドが増えているのだが、ジャンプボタンは存在せず、多少の高低差は走っているだけで自動的に段差を移動できるようになっている。

 そしてアクションの新要素として、ジャンプ中に繰り出すことができるジャンプ攻撃が加えられている。さらにジャンプ攻撃をヒットさせて特定の条件を満たすと、モンスターの背中に乗って攻撃することも可能だ。

 新武器の操虫棍については、棒術をベースにしたアクションを繰り出す武器だが、大きな特徴は虫を操るという点。虫を飛ばしてモンスターにヒットさせると、強化エキスを得てハンターを強化できる。さらに棒高跳びの要領で自らジャンプ状態を作り出せるのも特徴となっている。なおイベント終了後、実際にプレイする機会に恵まれたのだが、ジャンプ攻撃に関してはまだ不慣れなところもあり、一回プレイしただけではなかなか攻撃を当てることができなかった。ただ、新しい攻撃のバリエーションとして楽しめる要素を十分に持っていると感じている。

  • 操虫棍

  • ジャンプ状態

  • 試遊台でのプレイの模様

 ステージイベントではこれらの紹介を実演を交えながら説明していったが、複数人を一緒にプレイできるマルチプレイ実演の際、大阪にあるカプコンの開発室とのオンラインプレイを披露し、本作がインターネットでのマルチプレイに対応することが発表された。また、本作の発売時期が2013年3月であることもあわせて発表した。

  • インターネットでのオンラインマルチプレイの実演

  • 2013年3月の発売を発表

 今後の周辺展開ではALOOKとのメガネやユニクロのヒートテックとのコラボを発表したほか、これまでも行ったことがある長野県の渋温泉とのコラボは、2013年春から1年間を通して実施されるとのこと。

  • ALOOKとのメガネコラボ

  • ユニクロのヒートテックとコラボ

  • 渋温泉とのコラボは1年間実施

 ステージ終了時に藤岡氏は「ようやくみなさんに触ってもらえる状態になりました。できるだけたくさんの方に触ってほしいです」、辻本氏は「あくまでいままでのアクションがベースとなって本作ができています。でも、まだまだみなさんが喜んでいただける要素や情報が満載です。今後の情報を注目してください」とユーザーへのメッセージを送った。

-PR-企画特集