logo

TGS2012で限定公開--ソニーヘッドマウントディスプレイで体験する代替現実の世界とは?

加納恵 (編集部)2012年09月20日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、東京ゲームショウ2012の会場で、ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T2」の限定仕様モデル「PROTOTYPE-SR」を展示している。センサやライブカメラを加え、過去と現実の区別をつかなくさせてしまう「代替現実」の世界が体験できる。

  • 「PROTOTYPE-SR」

  • 体験ブースの外では中の様子がモニタに映しだされている。大きな画面が体験者が見ている映像、右下の小さな画面はブース内の様子


サイバーコネクトツー代表取締役社長の松山洋氏

 これは独立行政法人理化学研究所藤井チームが開発した実験装置「代替現実システム(Substitutional Reality System)」と、HMZ-T2に頭部方位検出センサ(ヘッドトラッキングシステム)、一人称ライブカメラを組み合わせたもの。

 体験者はPROTOTYPE-SRとヘッドホンを装着し、その状態でライブ映像(一人称ライブカメラから出力されるリアルタイムの映像)と、予め用意された過去映像を切り替えながら視聴することで、現実と映像世界の区別がつかなくなってしまうとのこと。

 会場では、リアルな女性が目の前に現れる現実世界の映像と、映画「バイオハザードV リトリビューション」、バイオリニスト宮本笑里さんが登場するオリジナルコンテンツを切り替えて視聴できる体験ブースを用意。コンテンツの撮影には360度全方位の映像を撮影できるパノラマビデオカメラを用い、PROTOTYPE-SRに埋め込まれたヘッドトラッキングシステムと連動させることで、自由な方向をみることができるとしている。

 実際にこの代替現実の世界を体験したサイバーコネクトツー代表取締役社長の松山洋氏は「これは体験してみないと絶対にわからない。ただのヘッドマウントディスプレイとは全く違う、本当の拡張現実の世界。ゲームクリエイターはいつも日常の中の非日常ということを意識しながらゲームを作っていくが、通常当たり前に映像を見ている中で嘘が紛れてきて、大変効果的。想像以上の驚きがある」と感想を話した。

 PROTOTYPE-SRは、東京ゲームショウ2012限定の参考出品のため、発売する予定はない。ゲームショウ開催中は、センス・オブ・ワンダーナイトプレゼンツヘッドマウントディスプレイ没入快感研究所ブースで、44名限定で体感ができる。

-PR-企画特集