logo

Wii Uは12月8日発売、価格は2万6250円から

佐藤和也 (編集部)2012年09月13日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は9月13日、新型ゲーム機「Wii U」の発売日が12月8日に決定したことを発表した。

 Wii Uは、現在発売されている据え置き型ゲーム機「Wii」の後継機にあたり、フルHDやハイビジョン対応となっているほか、コントローラーとなる「Wii U GamePad」は6.2インチの液晶タッチスクリーンを有している。また一部を除くWiiのソフトや周辺機器も利用可能。

 ゲーム機本体はプレミアムセットとベーシックセットの2種類を発売。価格はベーシックセットは2万6250円、プレミアムセットは3万1500円。双方に共通する同梱物はWii U本体にWii U GamePadにタッチペン、本体とGamePadそれぞれのACアダプターにHDMIケーブル。なおベーシックセットのWii U本体は、カラーがホワイトで内蔵フラッシュメモリーが8Gバイトとなっているのに対して、プレミアムセットではWii U本体はブラックで内蔵フラッシュメモリーは32Gバイトとなっている。

 また、プレミアムセットにはWii U本体の縦置きスタンドのほかGamePadの充電スタンドやプレイスタンドを同梱。さらに「ニンテンドーネットワークプレミアム」というデジタル販売のポイントサービスを付与。デジタル販売の価格に対して約10%をポイントで還元し、500ポイント単位でニンテンドープリペイド番号と交換可能となる。なおこのサービスは2014年12月末までとしている。

 Wii U本体と同日には「New スーパーマリオブラザーズ U」が5985円、「Nintendo Land」が4935円で発売されることもあわせて発表した。なお、9月13日23時より、「ニンテンドーダイレクト Wii U プレビュー」と題したネット番組を放送。任天堂やソフトメーカーのWii Uのソフト情報を、岩田聡社長自ら直接届ける内容となっている。

-PR-企画特集