logo

ソニー初、フルサイズコンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX1」--圧倒的高画質

加納恵 (編集部)2012年09月12日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月12日、35mmフルサイズのExmor CMOSセンサを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-RX1」を発表した。有効約2430万画素、焦点距離35mmの単焦点レンズを内蔵する。発売は11月16日。店頭想定価格は25万円前後になる。

  • 「Cyber-shot DSC-RX1」

 ソニーでは6月に1.0型の大型CMOSセンサを採用したプレミアムコンパクトモデル「DSC-RX100」を発売。RX1はこの上位機にあたり、同社によるとコンパクトデジタルカメラでフルサイズセンサを搭載したモデルではソニー初になるとしている。

  • 35mmフルサイズExmor CMOSセンサ

 APS-CサイズのCMOSセンサに比べ、約2.3倍の表面積を誇る大型センサの搭載が特長。カールツァイス製の「バリオ・ゾナーT*」レンズ、独自の画像処理エンジン「BIONZ」とともに解像感に優れ、高感度、低ノイズでの撮影を実現する。

  • DSC-RX1分解図

 ISO感度は100~2万5600。撮像面から20cmの距離で撮影ができるマクロモードと、2倍の全画素超解像ズーム撮影機能を備える。

 AVCHD形式による1920×1080ピクセルのフルHD動画撮影もサポート。P/A/S/Mモードであれば露出コントロールができるマニュアル撮影も可能だ。

 サイズは高さ65.4mm×幅113.3mm×奥行き69.6mmで、重量約482g(カード、バッテリ含む)。3.0型の液晶モニタはRGBに加えW(白)画素を追加した「WhiteMagic」ディスプレイを採用する。タッチパネルには対応しておらず、小型化を考慮し、手ブレ補正も光学式のみの採用になっている。

-PR-企画特集