logo

アマゾン、「Kindle Fire HD」を発表--アップルの「iPad」に対抗

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年09月07日 07時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 初代「Kindle Fire」ではそれほど明確ではなかったかもしれないが、AmazonはAppleの「iPad」に対抗することを目的としている。同社は米国時間9月6日、この目的に向けて同社製品群を拡大した。

 Amazonの最高経営責任者(CEO)を務めるJeff Bezos氏は6日、「Kindle Fire HD」と名付けられたKindle Fireの新モデル3機種を披露した。これら新製品は明らかに、Apple製タブレットの購入を検討するユーザーの目を奪うことを目的としている。

 Amazonが今回発表した新製品の1機種目は、199ドル、7インチ、HD画面搭載のモデルで、内蔵ストレージは16Gバイトとなり、これまでのエントリレベルのKindle Fireの2倍になっている。2機種目は、より大きな8.9インチモデルで、解像度は1920×1200、内蔵ストレージは16Gバイトとなっており、11月20日に299ドルで発売される。同製品ラインの最上位機種となるのは、32Gバイトのストレージを搭載し、4G LTEワイヤレス接続に対応する499ドルのモデルで、Bezos氏はこれを、スペックが同等の729ドルのApple製第3世代iPadと直接比較した。

Kindle Fire HDを披露するAmazonのCEOであるJeff Bezos氏
Kindle Fire HDを披露するAmazonのCEOであるJeff Bezos氏
提供:James Martin/CNET

 これらの新機種における最も思い切った特長はおそらく、4Gモデルに対する年間50ドルというデータプランだろう。ユーザーは、Amazonの「Cloud Drive」サービスによる20Gバイトのクラウドストレージに加えて、毎月250Mバイトのセルラーデータを利用することができる。ビデオの視聴やアプリケーションのダウンロードを頻繁に実行するユーザーには適していないものの、同プランは、セルラーサービス付きの他のタブレットのプランよりもかなり安い。例えば、Appleの4G版iPadのデータプランは、Amazonの試算によると同等の年間サービスに対して230ドルになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集