logo

レノボ、ノートPC「IdeaPad」新モデル--SSDとHDDで高速起動

エースラッシュ2012年09月04日 17時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは9月4日、スリムボディに13.3型ワイド液晶やSSDを搭載したノートPC「IdeaPad S300」を9月8日から販売すると発表した。価格は6万円台になる見込み。

 IdeaPad S300は、最薄部9mmのスリムボディに1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶、高速起動が可能な500GバイトのHDD(5400rpm)と24GバイトのSSD(Rapid Drive)を搭載している。CPUに低消費電力のCore i5-3317U(1.7GHz)を採用し、最長約5時間の連続使用を実現しているという。

IdeaPad S300

 キーデザインは指に優しいカーブ形状となっているほか、人間工学に基づき研究開発されたキー配列でミスタイプを軽減。薄型モデルながらバッテリを交換できるのも特徴となっている。

 その他の主なスペックは、4Gバイトメモリ、インテル HD グラフィックス 4000(CPU内蔵)、IEEE802.11b/g/n、Bluetooth v4.0、720pのウェブカメラ、2in1メディア・カード・リーダー(SDメモリーカード、マルチメディア・カード)、Windows 7Home Premium SP1 64ビット版など。

 本体サイズは高さ9~22mm×幅330mm×奥行き230mmで、バッテリーを含む重量は約1.8kg。カラーはシルバーグレーのみとなっている。オプションのバッテリは9月中旬から販売する予定だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集