logo

アップル、「iPad mini」のディスプレイ製造で2社を選定か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年09月01日 09時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たな報道によると、Appleは「iPad mini」向けディスプレイの製造企業として2社を選定したという。

 Bloombergは米国時間8月31日、複数の情報筋の話として、AU OptronicsとLG DisplayがiPad miniに搭載される7.85インチ画面を製造することになると伝えている。情報筋によると、TPK HoldingおよびFoxconnの子会社であるYeh Cheng Technologyは、同ディスプレイのラミネートコーティングを供給する予定だという。

 Appleの現行版「iPad」には9.7インチ画面が搭載されている。

 iPad miniは、しばらくの間、開発中であると報じられてきたが、いつもの通り、Appleはいまだにこのような端末の存在を認めていない。それでも、このうわさは過熱する一方であり、予想される端末に関するあらゆる種類の情報が提供されている。最新の報道では、iPad miniは10月に発売予定で、価格は249ドルであると示唆している。

 IHS iSuppliのアナリストRhoda Alexander氏は8月30日、米CNETとのインタビューの中で、Appleが今後発売予定のタブレット端末の価格を249ドルにすれば、「競合相手をつぶす」ことになると述べた。

 米CNETはBloombergの報道に関してAppleにコメントを求めているが、本稿掲載時点では得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集