logo

目を引く着ぐるみも来場--「初音ミク -Project DIVA- f」発売記念抽選会

佐藤和也 (編集部)2012年08月30日 20時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガは8月30日、PS Vita用ソフト「初音ミク -Project DIVA- f」の発売記念抽選会をクラブセガ秋葉原新館にて開催した。

 この抽選会は、同ソフトの購入者を対象に関連グッズがプレゼントされるというもの。当初11時から開始予定となっていたが、10時の段階で50人が並んでいたということもあり前倒しで開始。お昼過ぎで700人ほどが抽選に並んでいたとのこと。またゲーム中のモジュール(衣装)をまとったコスプレスタッフや、着ぐるみ初音ミク2号(仮称)も登場し華を添えた。

  • 抽選会の模様

  • ピエレッタというモジュールをまとったスタッフ

  • 着ぐるみ初音ミク2号(仮称)

 本作のプロデューサーを務めたセガの林誠司氏は、開発初期を振り返り「手がけ始めたときは、まだPS Vitaに関する詳細な情報というのがなかったんです。なのでやりたいことをいろいろ出して詰めつつ、実際に落とし込む作業が一番苦労しました。その部分は特にプログラマーが試行錯誤しながらアイデアを考えてくれて、その頑張りで実現できたことも多々あります」。また、本作はコンシューマとアーケードの開発部隊がタッグを組んで作ったタイトルであり、ゲームをきちんと世に出せたことの喜びを語っていた。

キャプション
林誠司氏

 本作で注目してほしい点について、グラフィック面のみならず、徹底したインターフェイスの改良や、エディットモードも挙げていた。エディットモードはリズムゲームやPV映像を自分の好みで作成できるモード。これまでのシリーズにも導入されているが、インターフェイスの一新や機能向上が図られている。「どうすればより多くのユーザーさんに、エディットを通じてクリエイトする楽しみを味わっていただけるのかを考えて一から作り直しました。ぜひ楽しんでいただきたいと思います」。

 なお本作の体験版が配信されている。ゲームの特徴がわかりやすい曲として「キャットフード」、「ワールズエンド・ダンスホール」、「メランコリック」の3曲を収録。ほかにもキャラクター6体とそれぞれの曲の推奨モジュールも入っている。「この曲にはこのモジュールにしてみようという遊びを入れています。ぜひ試してみてください」。

 ちなみに昨日行われた発売記念前夜祭「夏の終わりの39祭り」にも来場していたとのことで、水上ライブについては「ものすごく幻想的でした。映像自体は見慣れたものだったんですけど、あのように幻想的に表現されるとは思ってもみませんでしたから、今までにない体験をしましたし刺激を受けました」。

 今後の展開について、ダウンロードコンテンツの配信に関しては告知できるものがないとしながらも、システムとしては対応しているとのこと。また発表されているPS3版の発売時期については「できるだけいいタイミングで出したいですが、まだまだ調整が必要ですし、頑張って進めていこうと思います」と語った。

-PR-企画特集