logo

Retinaにも対応--Mountain Lionの機能をWindowsで使用できる新「Parallels Desktop」

坂本純子 (編集部)2012年08月30日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パラレルスは8月30日、国内向けにOS X向け仮想化ソリューションの新バージョン「Parallels Desktop 8 for Mac」を発表した。アップグレード版はパラレルスウェブサイトで購入できる。新規ユーザー向けの製品は9月4日に発売を開始する。

「Parallels Desktop 8 for Mac」のパッケージ
「Parallels Desktop 8 for Mac」のパッケージ

 Macでは、アップルが提供する「Boot Camp」でWindows OSを作動できるが、Parallels Desktop 8 for Macは再起動することなく、デスクトップ上でシームレスにWindowsとMacの両方を利用できるのが特長だ。

MacのデスクトップでWindowsのOfficeソフトが動作している
MacのデスクトップでWindowsのOfficeソフトが動作している

 今回のバージョンでは、Retinaディスプレイの解像度をWindowsで使用できるようにしたほか、Windows 8にも対応。最新のMountain Lionの機能をWindowsアプリケーションでもサポートする。たとえばMacでは文字が入力できるエリアで「Fn」キーを2回押すと、音声入力ができるが、Parallels上のWindowsでも同じ操作で音声入力機能を利用できるようになる。

 さらに、Windows上で、ピンチやズーム、Mission Control、3本指でのドラッグ、全画面アプリケーション間でのスワイプ、2本指でのスクロール、Launch Padや回転など、Mountain Lionのジェスチャーが利用できる。

Retina対応により、拡大しても美しく表示できるデモ
Retina対応により、拡大しても美しく表示できるデモ

 このほかにも、SafariからワンクリックでInternet Explorerを起動したり、デスクトップから、OutlookなどWindows用メールクライアントのDockアイコンにファイルをドラッグアンドドロップするだけで、ファイル添付など共有したりできるほか、Windowsの通知を通知センターに表示することも可能。

Parallelsの現状
Parallelsの現状

 なお、価格はパッケージ版の標準小売価格が7900円、アカデミック版が3900円、アップグレード版が4900円。WindowsからMacへの移行をしやすくする「Parallels高速USB転送ケーブル」を同梱した「Parallels Desktop 8 Switch to Mac Edition」の販売価格は、9900円。競合製品からの乗り換えを想定した「特別優待版」をなくし、ラインアップを簡素化。前バージョンとなる「Parallels Desktop 7 for Mac」よりも1000円~6000円程度価格を下げた。

 また、Parallels Desktop 7 for Macと比較して、パフォーマンスは入力/出力(I/O)操作で最大30%、ゲームで最大20%、ブート、中断や再開などの仮想マシンの動作で最大25%向上したとしている。


パラレルス 代表取締役の富田直美氏

 このほか、iPad、iPhone、iPod touchからParallels Desktop for Macで動作するMacとWindowsの両方にフルアクセスできるiPhone向けアプリ「Parallels Mobile app」もApp Storeにて450円で提供している。

 パラレルスの代表取締役である富田直美氏は、Parallelsの現状について「4年連続で平均成長率が40%を超えている超優良企業」と自信を見せる。Parallels Desktop for Macは、国内でもシェアを伸ばしており、「一番のお得意様は国立の大学。トップ大学で一番いい道具がなければ困る人は私どもを選んでいる」と語った。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集