logo

ソニー、マスタリングスタジオの音を耳元で再現するヘッドホン

加納恵 (編集部)2012年08月30日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月30日、オーバーヘッドタイプのヘッドホンに密閉ダイナミック型ヘッドホン「MDR-1」シリーズを追加したと発表した。マスタリングスタジオの音を目指し開発されたという。

  • 「MDR-1R」

 発売されたのはノーマルタイプの「MDR-1R」(価格:3万975円)、Bluetooth対応の「MDR-1RBT」(価格:4万3050円)、ノイズキャンセリングモデルの「MDR-1RNC」(価格:4万9350円)。いずれも発売は10月27日。液晶ポリマーフィルム振動板を内蔵し、中~高域で高解像度の音を再生する。

  • 「MDR-1RBT」

 4Hz~80KHzまで再生する広帯域のHDドライバユニットを採用し、低域から超高域までを再現できるとのこと。ハウジング部にはポートを設けることで、低域における通気抵抗をコントロールし、リズムを正確に表現する。

  • 「MDR-1RNC」

 イヤーパットは内側に倒れこむ構造を採用することで、耳を包み込むような装着感と高気密性を確保。音漏れも低減できる。

 コードは脱着式で、表面に細かい溝を設け絡みにくくしたセレーションコードを採用。1.2mの通常接続コードと、iPhone/iPad/iPod専用のマイク付きリモコンが装備されたコードの2タイプが同梱される。

 MDR-1RBTは、NFC対応のBluetoothヘッドセットだ。スマートフォンにタッチするだけでBluetoothペアリング、接続ができる。内蔵のリチウムイオン充電池で駆動し、約30時間の使用が可能。ケーブルも付属するので、電源オフ時は通常のヘッドホンとして使用できる。

 ノイズキャンセリングモデルのMDR-1RNCは、ハウジングの中と外に2つのノイズセンサを備えた「デジタルデュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用し、約99.7%の騒音低減率を実現した。電源には内蔵のリチウムイオン充電池を使用し、約22時間の使用が可能。電源オフ時は通常のヘッドホンとしても使用できる。接続コードのほか、iPhone/iPad/iPod専用のマイク付きリモコンが装備されたコードも同梱される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集