logo

ソニーモバイル、NFC搭載スマホなど「Xperia」3モデル+防水タブレット--IFAで発表

坂本純子 (編集部)2012年08月29日 23時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは8月29日、世界市場向けにスマートフォンXperiaシリーズとして「Xperia T」「Xperia V」「Xperia J」の3モデルを発表した。また、新タブレットとして「Xperia Tablet S」が発表されている。これらはベルリンで開催中のエレクトロニクスショー「IFA」で発表されたもので、日本国内での展開は未定。

約4.6インチの高精細HD液晶、NFC搭載--Xperia T

「Xperia T」
「Xperia T」

 Xperia Tは、約4.6インチの高精細HD液晶を搭載。約1300万画素のカメラで高速撮影ができるグローバルフラッグシップモデルだ。NFC(Near Field Communication)を搭載しており、NFC搭載のソニー機器にかざせば、BluetoothやWi-Fiの接続設定をすることなくワイヤレス接続し、簡単に音楽や写真などを楽しめる「ワンタッチ機能」に対応する。

 なお、同時にたまご型のNFC対応スピーカ「SRS-BTV5」が発表されている。スピーカにタッチすると接続でき、Xperia内の音楽などをワイヤレスで再生できるという。さらに、1080pのフルHD動画撮影にも対応し、フロントカメラでも720pの高画質撮影が可能だ。

LTE、防水・防塵対応のXperia V、スリムデザインのXperia J

「Xperia V」
「Xperia V」

 Xperia Vは、Xperia Tと同レベルの機能に加えてLTEに対応。さらにIPX5/IPX7相当の防水性能と、IPX5X相当の防塵性能も備える。

「Xperia J」
「Xperia J」

 Xperia Jは、スリムなデザインと約4.0インチの液晶サイズを両立させたスタイリッシュなモデルだ。

 いずれの機種も、Android version 4.0.4(Ice Cream Sandwich)だが、Android 4.1(Jelly Bean)にアップグレードできる見込み。デザインは、Xperia arcで人気を博した同様の「アーク形状」を採用する。また、ソニーの技術を結集し、さまざまなサービスとも連携するソニーのメディアアプリケーション(WALKMAN、アルバム、ムービー)を搭載。動画・音楽・写真などを高音質、高画質で楽しめるとしている。

 クラウド型の音楽配信サービス「Music Unlimited」にも対応。9月から年末まで、60日間のトライアルが付属するという。

 Xperia Tablet Sは、9.4インチのHDディスプレイを搭載。クアッドコアの「NVIDIA Tegra 3」を採用し、AndroidのOSは4.0.3。スリムなアルミニウムボディに、防滴設計を施したとしている。


新製品ラインアップ

-PR-企画特集