logo

アップル対サムスン裁判--東京地裁の中間判決を前に海外での1週間を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間8月24日、カリフォルニア州の裁判所で争われていたAppleとサムスンの知的財産侵害訴訟の評決が下された。日本では31日に予定されている東京地裁の中間判決を前に、この1週間のニュースを振り返る。

■9名の陪審員が辿り着いた結論とは
アップル対サムスン裁判、アップルに有利な評決--10億ドル超の損害賠償を認める
陪審員が語るアップル対サムスン裁判:「性急に判断されたことは何もない」

■評決で何が変わる?
アップル対サムスンの今後--アップル有利な評決が示すもの

■今後も戦いは続く
アップルとサムスン、販売差し止めと評決無効について12月6日に審問
サムスン、「GALAXY Tab 10.1」の販売差し止め撤回を再度要請
アップル、「GALAXY Tab 10.1」4G版についても販売差し止めを要請
アップル、サムスン製端末8機種の販売差し止めを求める
サムスン、「GALAXY Tab 10.1」販売差し止めの解除を求める--対アップル裁判の評決を受け
訴訟でアップルに敗れたサムスン、社内文書で自らの正当性を主張
アップルとサムスン、9月20日の審問で販売差し止めの争いへ

■利害を持つ企業はどう受け止めたか
グーグル、アップル対サムスン裁判の評決で声明--「Android OS中核部とは無関係」
ドコモ、サムスン敗訴は国内販売に「影響ない」--8月末日本でも判決

■韓国の裁判では引き分けに
韓国裁判所、アップルとサムスンは双方が特許侵害との判断

-PR-企画特集