logo

異例の発表は「スピード重視」--ドコモ、7.7インチ有機ELタブレットなど5モデル

坂本純子 (編集部)2012年08月28日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは8月28日、スマートフォン3機種とタブレット2機種を9月以降に順次発売すると発表した。

2012年秋モデル
2012年秋モデル

 全機種が「Xi」(クロッシィ)に対応。処理能力の高いクアッドコアを搭載したスマートフォンや「NOTTV」の番組が楽しめるモバキャス対応機種、ファッションブランド「Vivienne Westwood」とのコラボレーションモデルなどがラインアップする。

 ドコモは5月に夏モデルとしてスマートフォン16機種を発表。例年であれば夏モデルの次は9月~10月頃に秋冬モデルとして年2回の大規模な発表を行うが、一部のモデルを前倒してこの時期に発表した。

年2回の発表から適時発表へ
年2回の発表から適時発表へ

 なぜこのタイミングで5機種を発表したのか。NTTドコモ プロダクト部 プロダクト部長の丸山誠治氏は、「スマホが主流になった今、非常に早く端末のクオリティも向上し、2回に分けるのが難しくなってきている。市場規模も急速に拡大しており、多様化するニーズにあわせてスピーディに投入する」と説明した。

 今後について、「2回に分けて硬直的にやるよりは、出来上がったものから投入するのが自然ではないか。どういう形になるかわからないが、今後も準備ができ次第発表していきたいと思っている」とし、スピードを優先していく方針を示した。

有機EL採用のGALAXY Tab、カーボンファイバボディのMEDIAS TAB--2つのタブレット

 今回は、タブレットとしては「MEDIAS TAB UL N-08D」(9月~10月発売)と「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」(10月~11月)の2モデルが登場した。「携帯性が優れていることから7インチを用意した」(丸山氏)という。

 MEDIAS TAB UL N-08D(NEC製)は、約7インチ(800×1280)WXGA TFT液晶を搭載。チップセットは、Snapdragon S4(MSM8960/1.5GHz)だ。最新技術のカーボンファイバを使用し、世界最軽量となる約249g。厚さは7.9mmと薄い。キーをタッチすると振動するなどリアルな触感を再現する「HDハプティクス」技術を搭載する。なお、NOTTVには対応しない。

  • 「MEDIAS TAB UL N-08D」

  • リアルな触感を再現する「HDハプティクス」技術を搭載

 GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(サムスン電子製)は、約7.7インチ(800×1280)WXGA 有機ELを搭載。GALAXYシリーズで初めてNOTTVに対応した。チップセットはSnapdragon(APQ8060/1.5GHz)。

  • 約7.7インチ(800×1280)WXGA 有機ELを搭載

  • GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eの背面

  • GALAXYシリーズ初のNOTTV対応モデル

-PR-企画特集