logo

表現豊かな「Instagram」で自分だけの写真を撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仕事の飲み会やパーティなどで、簡単に雰囲気の良い写真が撮れて、すぐに共有することができたら、その場にいる人たちと良い関係を築くキッカケになるに違いない。特に最近は、FacebookやTwitterなどでの人間関係が対外的に見えるので、より丁寧に活動することが求められている。そこでオススメしたいのがカメラアプリ「Instagram」だ。

アプリを起動すると自分がフォローしているユーザーの撮った写真が表示される。
アプリを起動すると自分がフォローしているユーザーの撮った写真が表示される。

 Instagramの優位点は、そのフィルタ機能にある。18個ものフィルタが用意されており、好みのものを選択して撮ったばかりの写真を加工できる。明るさやボカシも同時にいれることによって、普通の写真を、味のあるプロっぽい雰囲気の写真に変身させることができるのだ。加工した写真は、すぐにFacebook、Twitter、mixiといった複数のSNS上にコメント付きで投稿することができる。

 Instagramは、撮った瞬間の気持ちを綺麗な画像とともに、手間なく残しておくことができる、ある意味ライフログとしてスマートフォンを活用する道を示してくれている。過去のアルバムが、写真を撮り、現像し、アルバムに貼り、コメントを書くといった手順で作られていたことを考えると、Instagramでのアルバム作成プロセスはとてもすばらしい。自身のページからは、過去に撮りためた写真がタイル状にアルバムのように表示される。

 自身のプロフィールを見ると、フォローというキーワードに気がつく。Twitterのフォローと同じ概念で、自分が常に追いかけておきたいユーザーをフォローしておくと、そのユーザーが撮った写真を欠かさずチェックすることができる。更新された写真に、いいねやコメントをつけるなど、Instagramアプリ内でもリアクションをとることができ、ある意味、写真共有のSNSとも言えるだろう。

 SNSを活用していきたい、でも何を更新すればいいのかわからないといった人も、日常をちょっとカッコよく残しておけるInstagramを使えば、充実したSNSライフを送ることができるだろう。是非一度使ってもらいたい筆者オススメのアプリだ。

  • Instagramを使って撮った写真には様々なフィルタを付けて加工することが出来る。たとえ汚い部屋であっても、光やボカシを入れて雰囲気の良い画像に出来る。

  • 加工が済んだ写真はすぐさま複数のSNS上で共有することが出来る。

  • 自分の撮った写真がアルバムのように並んで表示されるプロフィールページ。

  • フォローしているユーザーからのリアクションを見ることも出来る。Instagram自体が写真共有のSNSとして機能していることを感じさせる。

  • 写真を検索して新しい出会いを発見することも出来る。クリエイティビティが刺激され、大人の暇つぶしという感じを受ける。

>>「Instagram」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集