logo

撮影するだけでデータ化してくれる名刺管理アプリ「Eight」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 名刺はビジネスと密接に結びついている、いわば自身のIDカードだ。ビジネス上の人付き合いの多くが名刺交換から生まれ、それがビジネスチャンスにつながる。この関係性を築きあげていくことも、ビジネスマンに求められる重要な能力と言えるだろう。

アプリを起動するとログインを求められる。新規登録もしくはログインからアプリのメイン画面へ移動しよう。
アプリを起動するとログインを求められる。新規登録もしくはログインからアプリのメイン画面へ移動しよう。

 近年は、急速にソーシャル化が進み、多くのイベントも開催されるようになった。人によっては出会いの機会も増えていることだろう。このような状況の中、従来のように名刺をフォルダ分けして管理するというのは、手間もかかり非効率的。そこで紹介したいのが、スマートフォンのカメラを使って名刺を管理できるアプリ「Eight」だ。

 Eightを利用することで、スマートフォンのカメラで撮影した名刺の画像データが、アプリを運営する三三のOCRと人力のチェックにより、氏名、会社名、部署名、連絡先などの情報にデータ化される。

 データ化されたメールアドレスや電話番号をタップすれば、そのままメールの作成や、電話をかけることができる。会社名や人物名などから検索することも可能だ。これによって、年間50時間とも言われるビジネスマンの名刺管理に費やされる時間はググっと減ることになるだろう。

 Eightでは名刺交換のことをリンクといっており、相手にリンクをリクエストし、承認を得る形で名刺を交換できる。FacebookやGmailのアカウントとも連携しているので、ソーシャルネットワーク上の友達同士の名刺交換も、この機能であっという間に行えるというわけだ。Eightは、ビジネスマンなら是非入れておきたい名刺管理アプリと言えるだろう。

  • アプリのメイン画面。カメラを起動して名刺を撮影する「名刺を撮影」、リンクを交換して名刺交換する「名刺交換」、データ化されている名刺を閲覧する「名刺一覧」の3種類のメニューがある。

  • カメラを起動して名刺を撮影。連続で複数枚撮影することが出来る。

  • 撮影が終わったら、送信画面へ移動しよう。サーバーに送信ボタンを押して名刺のデータ化を待つ。名刺の数によっては、データ化には数日かかる場合がある。

  • データ化された名刺は名刺一覧で見ることが出来る。

  • 写真で撮るだけで、名刺内のデータはテキスト化されている。Facebookのアカウントへのリンクも貼られる。

>>「Eight」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集