logo

「NAVERまとめ」に新奨励制度--息の長いまとめを評価

藤井涼 (編集部)2012年07月27日 10時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHN Japanは、キュレーションサービス「NAVERまとめ」に、8月から新たな奨励金制度「ロングヒッター奨励制度」を追加する。中長期にわたり閲覧され続ける“息の長いまとめ”を奨励する制度になるという。

 同社はNAVERまとめの新インセンティブ制度として、貢献度の高いまとめ作成者に、より多くの金額を支払う「まとめ奨励金制度」を3月に導入。継続して優良なまとめを作成する作成者を「レギュラー」(1ポイント=0.7円)、新人でありながら優良なまとめを作成した作成者を「ルーキー」(1ポイント=0.4円)として設定し奨励金を支払う制度で、作成したまとめのアクセス数に応じて毎日「見込ポイント」が付与される。

  • NHN Japan 執行役員の島村武志氏

 NHN Japan 執行役員の島村武志氏によれば、奨励金制度を導入したことで、新規ユーザーとまとめ作成数がともに数倍規模で増加するなど大きな反響を得られたという。一方で、多くのユーザーが、まとめを作成した初月のアクセス数の高さが評価される“ルーキー”(作成月の累計ポイントが1万ポイント)を目指したため、まとめのテーマや切り口よりも、アクセスを稼ぐことを目的としたまとめが一定数生まれてしまったそうだ。

 「作り始めた瞬間はすごく個性的で、切り口の面白いまとめを作った人がいても、あまりポイントにならないと分かるとスタイルを変えてしまう。それが、その人でなくても出来ることにどうしても走ってしまい、数字をとることが目的になっていた。従来の制度では、そこの効率化をユーザーの皆さんに追求させてしまった側面はあると反省している」(島村氏)

 そこで奨励制度を見直し、まとめ作成から3カ月以降のアクセス数の高さを評価するロングヒッター制度を新設。作成後の経過月数が3~14カ月のまとめのうち、まとめ単体のポイント数が1万ポイントを初めて記録したまとめをノミネートし、内容を審査したうえで奨励するかを決める。

 奨励期間は3カ月で、奨励期間中の月間成績に応じて、より高額のポイントレート(0.4円、0.7円)が適用される。また、奨励期間3カ月のうち2カ月自己ベストを更新できれば、奨励期間がさらに3カ月延長されるという。新制度の初回審査は8月に実施される予定で、7月のポイントデータ(4月に作成されたまとめ)が対象となる。

  • 新制度設置後の奨励金制度

  • 「ロングヒッター奨励制度」のポイントレート

  • 1ポイントレートの適用イメージ

 新制度設置後の奨励金制度は、「トピックピッカー奨励制度」(従来の制度)と、ロングヒッター奨励制度で構成されるという。島村氏は「まとめ作成者には大きく2つのタイプがある。話題に合わせて“瞬発力”で作るのが得意な人と、“持久走”のように自分の好きなものをコツコツと進めるのが得意な人。その後者をもっと奨励していきたかった」と語り、今後はこの2つの制度を“車の両輪”にしていきたいと説明する。

 また「良いまとめを作ればより評価されていくというところを特に強調したい。楽して稼げることは世の中にはないので、良いものを作ってもらってそれが皆に『参考になったよ』と言われること自体をちゃんと評価したい」と語り、今後もユーザーの反応を見ながら制度の改善を続けていきたいとした。

-PR-企画特集