logo

メモ書きを瞬時に同期できるiPhoneアプリ「Notefile」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Notefileは、iPhone、iPad、ウェブ、Mac(デスクトップウィジェット)間で瞬時に同期されるメモアプリだ。デスクトップに向かって仕事をしている最中に、ふと思いついたアイデアやタスクなどを、軽くメモするようにNotefileに書き留めておけば、外出先でもiPhoneでメモを参照したり、編集したりすることができる。

ノートの入力画面。キーボードアイコンをタップするか「X枚のノート」をタップすると同期され、ノート一覧に移動する。
ノートの入力画面。キーボードアイコンをタップするか「X枚のノート」をタップすると同期され、ノート一覧に移動する。

 最初に、アプリ発売元のJuneCLOUDのアカウントを作成する必要があるが(同社の「Delivery Status」というサービスと共通アカウント)、いったん登録を済ませてしまえば、どの端末からでもノートにアクセスできるようになる。見た目はシンプルで、使い方も簡単。常駐アプリとしてドックに入れるか、ホームページに置いておくと便利だろう。

 Notefileを初めて起動すると、サンプルのノートなども用意されていないので一瞬戸惑うかもしれないが、画面をタップして最初のノートを作成しよう。ノートの1行目がタイトルになる。ノートが作成されると、これ以降はアプリを起動するとノートの一覧が表示される。テキストの入力中にノートを左から右にスワイプすると、ノートの一覧が表示される。画面下の「最終更新日」または「X枚のノート」という表示をタップすると、ノートが同期される。また、ノートの一覧でノートタイトルをスワイプすると、そのノートを削除できる。ノートに関する操作はこれですべてだ。必要な機能のみに特化することで、最高の使い勝手を実現している。

 ノート一覧から、テキストを検索することも可能だ。ノート一覧を下に引っ張ると、検索ボックスが表示される。ノートタイトルと本文の両方を検索することができる。ノートの並べ替え機能はないので、ノートが増えると、検索機能の出番が多くなるだろう。ただし、検索キーワードのハイライト機能はないため、長文のノートの場合、どこが検索にヒットしたのかを見つけにくい。その点で長文作成に向いているとは言えないので、Notefileで概要や骨子、ドラフトを作成しておき、他のテキストエディターで編集する、といった使い方が現実的だろう。起動が速く、端末を選ばずアクセスできる良さは思いついたアイデアを逃さず残すときには威力を発揮する。

  • 設定画面。同期の設定が行える。アカウントを持っていない場合は、登録する必要がある。

  • アカウントの登録画面。入力したメールアドレス宛に確認メールが届くので、チェックを忘れずに。

  • ノート一覧を下へ引っ張ると検索ボックスが表示される。

iPadの場合は、ノート一覧とノートの内容が左右に並んで表示され、他のノートもワンタップで開ける。
iPadの場合は、ノート一覧とノートの内容が左右に並んで表示され、他のノートもワンタップで開ける。

>>「Notefile」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集