logo

サムスン、ソーシャルメディア利用者向けスマホ「GALAXY Chat」を発表

Scott Webster (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2012年07月06日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子が現地時間7月4日、ソーシャルメディア利用者向けの「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)搭載スマートフォン「GALAXY Chat」を発表した。7月のスペインでの発売を皮切りに、今後数カ月の間に欧州、中南米、中東、中国、東南アジア、南西アジアに販売地域を拡大していく。

 GALAXY Chatは珍しいデザインを採用しており、3.0インチのQVGAディスプレイの下に縦置きで使うことを想定したQWERTYキーボードがある。公式発表では、プロセッサの速度や製造元が示されていないし、搭載メモリの容量も明らかにされていない。

 だが、これまでに分かったことと、「競争力のある価格」で提供するというサムスンの主張を考えると、1GHz以上のCPUと512MバイトのRAMを搭載していても不思議はない。明らかになっているのは、4Gバイトの内蔵ストレージ、2メガピクセルの背面カメラ、microSDカードスロット、1200mAhのバッテリを搭載し、Wi-FiとBluetoothに対応しているという点だ。

 パワーはそれほどでなくても、GALAXY Chatにはサムスンのアプリやサービスが多数用意されていて、ソフトウェアで埋め合わせをしている。ユーザーは、同社の「Game Hub」「AllShare Play」「Quick Office」「ChatON」「S Planner」などを利用できる。また、3D化したアイコン、カスタマイズ可能な「お気に入り」トレー、ロック画面からアプリへのショートカットなど、ユーザーインターフェースにもちょっと気の利いた機能が採用されている。

 通信事業者の発表や価格設定など、さらに具体的な詳細は、これから明らかになっていくだろう。サムスンの同様のモデルが以前、北米では販売されなかったことを考えると、GALAXY Chatが近いうちにこの地域の通信事業者から提供されるとは思えない。

GALAXY Chat
提供: Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集