logo

初代「iPhone」発売から5年--ジョブズ氏による発表時の貴重な映像を振り返る

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月29日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Steve Jobs氏のセールストークは、今となっては伝説的なものとなっているが、「iPhone」発表時のものは、中でも特に上手さが際だっている。AppleのiPhone発売5周年を目前に控え、最高に人を魅了するSteve Jobs氏のビデオを探し出した。

 背後の大型スクリーンに機能を映し出して、参加者の興味をひき、拍手と歓声の嵐を巻き起こしながら、舞台を大またで歩く、過去の貴重なJobs氏の姿だ。

 「『iPod』、電話、そしてインターネットコミュニケータ・・・わかるだろうか?これらは3つの別々のデバイスではない。1つのデバイスだ。そしてわれわれはこれをiPhoneと呼んでいる。今日、Appleは電話を再発明する」(Jobs氏)

 これは、Appleの歴史において極めて重要な場面だった。それまでAppleは、ポータブルミュージックプレーヤー事業への参入に成功したコンピュータのメーカーとして主に知られていた。携帯電話事業のプレーヤーになるというJobs氏の野心を懐疑的に見る人が多かった。

 AppleはそれからiPhoneを売り続け、その台数は2億1800万台以上にもなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]