logo

アドビ、「Creative Cloud」への「Lightroom」追加を発表

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月27日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは公約を果たし、写真の編集および管理ソフトウェア「Lightroom」を「Creative Cloud」サブスクリプションサービスに追加した。

 Adobeが5月に公開したCreative Cloudは、月額50ドルのサブスクリプションにより、「Photoshop」や「Illustrator」などの「Creative Suite 6」ソフトウェアへのアクセスに加え、オンラインサービスや他の特典を提供する。Adobeは、同サービスにLightroomを追加すると約束していたが、同社は米国時間6月25日、同アプリケーションが利用可能となったことを発表した。

 AdobeのDigital Imagingグループでチーフカスタマーアドボケートを務めるJeffrey Tranberry氏は、「われわれは、より素晴らしい製品をCreative Cloudに時間とともに追加していく。Lightroomの追加は始まりにすぎない」と、今回の動きを発表したブログの投稿で述べている。

 Creative Cloudサブスクリプションは、ソフトウェアに対する永久ライセンスをこれまで販売していたAdobeにとって大きな転換点となった。Creative Cloudは、年間契約を望まないユーザーも月額75ドルで利用可能であり、支払いを止めればソフトウェアは動作しなくなる。しかし、前払いの方が安く、新規購入で2599ドルする「Master Collection」が必要なユーザーにとっては特にそうだ。

 また、「CS3」「CS4」「CS5」製品のユーザーには、年間契約を結ぶことで月額30ドルというオプションが用意されている。企業顧客向けの別のバージョンでは、Adobeのアカウント所有者ごとではなく、シート単位で価格が設定されており、こちらは年間契約で月額使用料は70ドルとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]