logo

楽天、Koboによる電子書籍事業に向けて動きを加速

岩本有平 (編集部)2012年06月26日 18時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.co.jpが電子書籍リーダー「Kindle」を近日中に国内で発売することを明らかにして世間を騒がせている。その対抗馬とも言われる楽天が、電子書籍サービスの開始に向けた動きを加速している。

 楽天は2011年11月、電子書籍事業を手がけるカナダのKoboについて買収を発表していたが、6月21日には楽天とkoboのロゴが入ったティザーサイトを公開。最新情報の配信を希望するユーザーのメールアドレスの登録を開始している。

 現時点で楽天からのコメントは得られていないが、同社では7月2日に「Koboによる電子書籍事業に関する記者会見」を開催する予定。同日は楽天代表取締役会長兼社長でKobo Directorを務める三木谷浩史氏が登壇し、そのサービスや戦略について語る予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]