logo

ドコモ新体制でiPhoneの発売は?--加藤社長がコメント

藤井涼 (編集部)2012年06月20日 16時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月19日の株主総会および取締役会の承認を受け、NTTドコモの代表取締役社長に就任した加藤薫氏は、6月20日に開催された社長就任会見で、同社からのiPhoneの発売の可能性についてコメントした。

 前社長の山田隆持氏は、5月16日に開催された2012年夏モデル発表会で、「さまざまな端末で『しゃべってコンシェル』など同様のサービスを提供していきたい。そうなるとOSはオープンOSのAndroidを中心にしたい」と語り、現状ではiPhoneの取り扱いは難しいとコメントしている。

  • NTTドコモの代表取締役社長に就任した加藤薫氏

 新体制でのiPhoneの取り扱いについて加藤氏は、「基本的には(前社長の山田氏の体制と)あまり変わらない。iPhone、iPadというのはとても素晴らしい端末だと思う。とは言いながら、私どもはキャリアとして一定のリードをしてきたという意味において、次の成長は『クラウド』と『端末』といっている。マルチないろんな形の端末とクラウドの相まったサービスを展開したいため、それが1つにセットにされているものが、特にドミナントになるのはあまり好ましくないと考えている。ラインアップの1つとしてはぜひ揃えたいとは思うが、なかなか条件が整わないのは事実」と語り、引き続きAndroidを中心としたラインアップを揃えていく意向を示した。

 ただし、ドコモとして今後もiPhoneを取り扱わないということではないとし、「条件が変わってくれば、金輪際という訳ではない」と語った。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]