logo

履歴書でやってはならない10の間違い

Toni Bowers (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年06月18日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あなたが書く履歴書には1つの目的がある。雇い主になる可能性のある会社に、自分がその求人にもっとも適した人間であると伝えることだ。ところが、明確なメッセージであるべきものの妨げになる可能性のある間違いが、あまりにも多くある。この記事では、履歴書の中で犯しやすい10の間違いを紹介する。

1.重点を置くところが間違っている

 これは、求職者にはもっともわかりにくい概念の1つかもしれないが、履歴書は自分のために作るものではない。履歴書を作り、書式を整え、整理するのは、あなたが募集している仕事に適しているかどうかを、人事担当者が判断しやすくするためだ。応募する仕事に応じて、自分の履歴書を整えることは大切だ。誓ってもいいが、あなたがその仕事に合っているかどうかを確認するために、履歴書を詳しく調べる人事担当者などいない。履歴書を読めば、そのことがはっきり分かるようにしなくてはならない。

 例えば、プロジェクトマネージャーの職に応募しているのであれば、そのために履歴書の書式を機能別の形式に変更してでも、自分がプロジェクト管理に長けていることを示す経験や成果を強調すべきだ。仮に自分の職歴の多くが技術サポートであれば、その経験はその仕事にぴったり当てはまるものではないので、日々の細かいことを書き連ねるべきではない。その代わり、リーダーシップや創意工夫、組織をまとめるスキルを発揮した事柄を強調するべきだ。

2.履歴書に誤字脱字がある

 人事担当役員の、履歴書のミスに対する目は厳しい。working.comで最近行われた調査では、人事担当役員の4人に1人は、誤字脱字を見つけた場合、その履歴書をごみ箱に捨てるという。しかし、どんなに注意深い人でも誤字脱字の1つや2つはする可能性がある。以下では、ミスのない履歴書を作成するためのヒントをいくつか紹介する。

  • 物事に細かい家族や友人、あるいはメンターに協力してもらって履歴書を読んでもらい、率直な意見をもらう。
  • 休憩を取る。履歴書を送る前に休憩を入れて、すっきりした頭で履歴書をもう一度確認する。最初は見逃していたものが見つかるかもしれない。
  • 履歴書を印刷する。モニタ上で履歴書を読んでいると、誤字脱字や書式の間違いを見過ごしやすいため、印刷して見直すといいだろう。
  • 別の読み方を試してみる。読み手は無意識に以前読んだ部分を読み飛ばしてしまうことがある。履歴書を後ろから見直すことで、この問題を避けられるかもしれない。下から上に読んだり、右から左に読んだりすることはできる。この方法は、ある言葉が正しく書かれているはずだという思い込みなどを取り除いてくれる。
  • 口頭で読み上げる。これは、意味が通らない文章を見つけるのにも役立つ。

3.履歴書が長すぎる

 適切な履歴書の長さがどのくらいかについては、さまざまな意見がある。多くの人は1ページにまとめるべきだという意見だが、特に目的とする事柄に関して10年以上の経験を持っているか、技術的な知識を列挙してそれらの知識があることを示すのに必要な場合は、2ページまでは許されるという人も多い。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]