logo

音声にあわせてキャラが話す「ライブアニメ」--ライブ配信なども想定

岩本有平 (編集部)2012年06月12日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブテクノロジは、6月13日から開催する「INTEROP TOKYO 2012」の併設イベント「デジタルサイネージ ジャパン 2012」にて、「ライブアニメ」を出展。販売を開始する。

 ライブアニメは、ユーザーサポートやEラーニングなどでの利用を想定した、アニメーション生成ソフト。オペレーターが音声をマイクで入力すると、それにあわせて実際にアニメキャラクターが話しているように口が動くほか、ボタン操作で表情やポージングを操作できる。

 価格は要件により応相談となっているが、初期費用10万円、月額5万円程度での提供を見込む(キャラデータの制作費用は除く)。

 現在は法人への提供を前提としているが、「ニコニコ生放送やUSTREAMといったライブ配信サービスでの利用も考えられる」(同社)としており、今後は個人向け製品の提供も検討する。

  • 「ライブアニメ」の利用イメージ

  • アプリケーションのイメージ。ボタン操作でポーズを取るほか、まばたきなどの設定を用意する

  • ライブ配信サービスでの利用イメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]