logo

スマホからの通販利用が50%超--前年比4.4倍の伸び、ガラケー抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックウェーブは6月7日、同社が実施したECサイトのスマートフォン端末利用比率調査の結果を発表した。それによると、スマートフォンを利用した商品購入回数が過半数を超え、全デバイス中トップであったという。

 2011年5月の調査では、従来の携帯電話(ガラケー)からの商品購入回数が約8割を占め、次いでスマートフォン、PCの順であった。2012年3月以降、スマートフォンからの購入回数比率がガラケーを上回り、5月には51%に達した。これは1年前の11.8%から約4.4倍という高い伸びを示している。

図1 出典:ロックウェーブ

 スマートフォンでのECサイトアクセス(訪問者数)でも、PC、ガラケーからのアクセスを上回り、3デバイス中でトップ。1年前の約7%から約6倍という驚異的な伸びになったと説明する。

 同社は、スマートフォンからのアクセス急増に伴い、スマートフォン利用者にPCサイトを表示しているなど、スマートフォン未対応のECサイトは、大きな販売機会損失やリピート率低下を招き、売り上げの低下につながると分析。スマートフォン向けECサイト主体の事業に方向転換が急務であるとしている。

図2 出典:ロックウェーブ

 調査は、ロックウェーブが提供するスマートフォン専用ショッピングカートASP「aiship(アイシップ)」の実データから、aishipを利用する全ECサイトを対象にした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]