logo

NASDAQ、Facebook上場で最大4000万ドルの補償計画を提示

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2012年06月07日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 混乱が生じたFacebookの新規株式公開(IPO)について、これにより損失を被った金融機関に対し、NASDAQが最大4000万ドルを提供する計画を提示したと、Dow Jonesが米国時間6月6日に報じた。

 この一度限りの補償の狙いは、FacebookのIPO初日に発生した技術的不具合や損失について、このあおりを受けた銀行や証券会社の間に広がる不満を鎮めることだ。この補償は今後、米証券取引委員会(SEC)の承認を得る必要があるが、補償額は少ないように思われる。一部には、損失の総額は1億ドルを越えるとの推計もある。

 Facebook株の取引は5月18日に予定の30分遅れで開始されたが、この遅れのためにトレーダーの間で混乱が広がった。トレーダーたちは、最も早いケースで太平洋時間午前4時30分に行ったFacebook株の注文に対し、変更や取り消しを確認できなかったとして苦情を述べた。その後もこの日午前には、取引が実際に完了したとの確認をNASDAQから受け取らなかったと主張するトレーダーもいた。

 今回提示された計画では、損失を被った会員企業に対し、NASDAQが現金1370万ドルを支払うことになる。この支払額には、NASDAQがIPO初日の取引で得た利益が含まれている。残りは取引手数料の割引という形で行われる。

 NASDAQによると、「補償金」を受ける資格のある取引は以下の3種類だという。

  • 1株あたり42ドル以下での売り注文で、実行されなかったもの。
  • 42ドル以下での売り注文で、注文より低い価格で実行されたもの。
  • 42ドルでの買い注文で、実行されたが、直後に確認できなかったもの。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集