logo

任天堂、マジコン販売者を初の刑事摘発--不正競争防止法違反で

佐藤和也 (編集部)2012年05月30日 19時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は5月30日、ニンテンドーDSのセキュリティを回避してコピーゲームの起動を可能にする、俗に「マジコン」と呼ばれている装置の販売者が、刑事摘発されたと発表した。

 マジコンなどの技術的制限手段回避装置の輸入や販売行為については、2011年12月1日に改正不正競争防止法が施行、刑事罰が導入されている。今回の刑事摘発は、同法の改正後、マジコンを販売する業者らに対する初の刑事摘発となる。

 また、本件に関するコンピュータソフトウェア著作権協会によるリリースによると、埼玉県三郷市の男性を逮捕。3回にわたりインターネット販売サイトを通じて、3人にマジコンを計7200円で販売。男性はマジコンの販売を認めているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]