logo

「ゲーミフィケーションカンファレンス 2012」のプログラム内容が決定

佐藤和也 (編集部)2012年05月30日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーミフィケーションカンファレンス運営委員会は、6月28日に開催する「ゲーミフィケーションカンファレンス 2012」のプログラム内容が決定したことを発表。公式サイトにて詳細を公開した。

 本カンファレンスは、日本国内のゲーミフィケーション関連ビジネスの市場拡大をメインテーマにした、日本では初めてとなる大規模ゲーミフィケーションカンファレンス。グローバルな視点で、日本ならではのゲーミフィケーション価値を探っていくことを目的としている。

 プログラムは3部構成。第1部では「これまでの『ゲームの力を使う』という取り組み」をテーマに、「ソーシャルゲームは最強のゲーミフィケーション?」と「ゲーム研究的な視点から見たゲーミフィケーション(仮)」と題したパネルディスカッションを実施。

 第2部では「ゲーミフィケーションの実際」をテーマに、「ゲーミフィケーションの本質的な理解(US事例など)(仮)」と題した、ゲーミフィケーションを本質的に理解するためのキーノートや、「ゲーミフィケーションで仕事を楽しくする方法」、「今までのマーケティングじゃもうダメだ!?『来たくなる』気持ちを揺さぶるゲーミフィケーション」としたパネルディスカッションを予定。

 第3部では「ゲーミフィケーションの可能性、今後」をテーマに、「Yahoo!ロゴをゲーミフィケーションしてみよう」というミニワークショップや、「ゲーミフィケーションは壊れた現実を救うか?」、「2020年のゲーミフィケーション」とした、ゲーミフィケーションの未来についてのトークセッションが行われる。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集