logo

IBM、社内での「Siri」の利用を禁止か

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月24日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 彼女は筆者にとっていつも優しく、親しみやすい女性である。確かに小さなスチールをまとってはいるが、誰が彼女を嫌うだろうか。しかし、IBMの幹部は、どうも「Siri」が信用できないと考えているようだ。

 AppleのデジタルアシスタントであるSiriは、IBMのネットワークからの利用が禁止されている、とWiredが報じた。

 Wiredの記事は、IBMの最高情報責任者(CIO)であるJeanette Horan氏の発言が基になっている。Horan氏は、MITのTechnology Reviewに対し、「われわれは非常に慎重である。それがわれわれのビジネスの性質である」と述べている。

 懸念される事項としては、Siriに対して述べた質問がリモートサーバに保存される可能性がある、ということのようだ。

 IBMで禁止されている便利なツールはSiriだけではないという。「Dropbox」やAppleの「iCloud」も許可されていない。同社内のアプリやファイルにアクセスすることに関して言えば、同社の一部の社員はそれらにアクセスすることさえ制限があるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集