logo

FacebookのIPO、初日終値は38.23ドル

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月19日 08時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最大のソーシャルネットワーク企業Facebookが米国時間5月18日、ついに株式公開した。取引は順調なスタートを切ったものの、初日の株価の推移はそれほど劇的な展開にはならなかった。

 Facebookは同日、新規株式公開(IPO)にあたり、1株38ドルで売り出しを開始した。公開直後に同社の株価は12%高の42.5ドルに上昇し、一時は43.2ドルの高値を付けた。

 しかし、株価はまもなく急落して売り出し株価近くまで引き戻したが、再び上昇傾向となり、米国東部標準時の昼ごろまでに41ドルをわずかに上回った。The Wall Street Journal(WSJ)は、FacebookのIPO引受会社による株価の買い支えがあったことを、情報筋の話として伝えた。

 午後入ってその後は株価の伸びは再び鈍化し、取引終了間際には売り出し株価近くまで押し戻され、わずか0.6%高の38.23ドルで取引を終了した。

 Facebookは1株38ドルで売り出したことで、160億ドルもの巨額の資金を調達することが可能となり、インターネット企業として史上最大規模のIPOとなった。

 Facebookが売り出し株価を発表したのは17日のことだった。さらに、同社は、株式公開で4億2120万株を売り出すことを発表しており、評価額は1041億ドルとなっていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]