logo

Twitter、「おすすめユーザー」をパーソナライズする機能を試験提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間5月17日、ユーザー自らが興味を持っている分野のアカウントを見つけてフォローするのに手間取っていることに着目し、新機能を発表した。

 同社ブログによると、一部の国のユーザーを対象に「おすすめユーザー」をパーソナライズ化する試験を開始したという。現行のTwitterでは、新しく登録したユーザー全員に対し、フォローすべきユーザーとしてほとんど同じ提案を表示している。

 試験の第一弾では、新規ユーザーに対し、Twitterが推奨するアカウントのリストを表示するとともに、それぞれのアカウントのツイートをタイムラインに表示した状態にする。新規ユーザーはアカウントを作成する際、新たに「最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイズする」というオプションを選択できるようになる。

試験では、新規ユーザーに対し、Twitterが推奨するアカウントのリストを表示するとともに、それぞれのアカウントのツイートをタイムラインに表示した状態にする。 試験では、新規ユーザーに対し、Twitterが推奨するアカウントのリストを表示するとともに、それぞれのアカウントのツイートをタイムラインに表示した状態にする。
提供:Twitter

 また現行ユーザーにもパーソナライズ化された「おすすめユーザー」を表示するという。現行のユーザーの「設定」画面上には、「おすすめユーザーのカスタマイズ」という項目が現れ、ここで「最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイズする」ことを選択できる。この機能は無効にすることも可能だ。

現行ユーザーにもパーソナライズ化された「おすすめユーザー」を提示する。現行ユーザーにもパーソナライズ化された「おすすめユーザー」を提示する。
提供:Twitter

 Twitterは、Twitterボタンやウィジェットを設置したサイトからユーザーの閲覧情報を受け取っている。ここから人気サイトを訪問する人がよくフォローするアカウントを抽出し、過去10日の間に同じサイトを訪問した他のユーザーにこれらのアカウントを推奨する仕組みになっているという。

 「おすすめユーザー」のカスタマイズを希望しないユーザーは、機能を無効にすることで情報の提供も中止できる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]